•  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
  • .
    • トップページ
    • ニュース
    • イベント情報
    • 最新モデル情報
    • アクセサリー・ニュース
    • プレス・リリース
 
 
プレス・リリース
2013年7月12日
 

MINIから、くまモン仕様の特別な『くまモンMINI』が誕生。

>100周年を迎えたMINIオックスフォード工場を、くまモンが訪問。
>『くまモンMINI』の誕生を記念し、『くまモンMINI』のステッカーをプレゼント。

 

ビー·エム·ダブリュー株式会社(代表取締役社長:アラン·ハリス)は、熊本県庁の営業部長かつ日本で大人気のゆるキャラでもあるくまモンが、同社の扱うブランドMINIオックスフォード工場を、7月11日(木)に訪れたと発表した。当日は、英国の児童文学に登場するクマのキャラクター「パディントンベアTM」がくまモンを出迎え、くまモン仕様の『くまモンMINI』を、くまモンへのサプライズとして初披露した。

パディントンベアTMは、1958年に英国での誕生以来、永きに渡り世界中の人々から愛されている、くまモンも憧れのクマのキャラクターである。そのパディントンベアTMが、日本で今最もHOTなくまモンを、今年100周年を迎えた英国のMINIオックスフォード工場に招待したことで、今回のくまモン訪問が実現し、くまモンは工場見学を行なった。

くまモンのMINIオックスフォード工場の見学は、パディントンベアTMによるエスコートによって行なわれた。今回のくまモンの訪問は、世の中で長く愛され続ける秘訣を探るために行なわれたが、1959年発売当時、必要最小限を形にした設計で革命とまで言われたMINIが今もなお世界で愛され続ける3つの秘訣として、「1.個性的なフォルム」、「2.デザインやカラーリングのオリジナリティ」、「3.小回りの利く機動力」であると、パディントンベアTMは、くまモンに英国ブランドのMINIを例にとって、長く愛される秘訣を伝授した。

工場見学終了時には、パディントンベアTMからくまモンへのサプライズとして、くまモン仕様の『くまモンMINI』が初披露され、未来においても世界で愛されるくまモンとなれるよう、パディントンベアTMからくまモンに熱いエールが贈られた。

『くまモンMINI』は、くまモンの地元となる熊本にて、7月13日(土)よりMINI熊本(熊本市東区西原3-5-14)において公開する予定である。

また、『くまモンMINI』の誕生を記念し、7月13日(土)~7月15日(月)の3日間、全国のMINI正規ディーラー*において、試乗もしくは査定のプレゼントとして『くまモンMINI』のステッカーを提供する。
*:一部のMINI正規ディーラーでは、期間中に休業の場合があります。

 
 



1958年に英国人マイケル·ボンドによって書かれた英国児童書『くまのパディントン』の主人公で擬人化されたクマ。常に礼儀正しく、善意にあふれ、際限なくトラブルに巻き込まれるが、それでも「物事を正しくしようと多大な努力をする」キャラクターとして知られている。「パディントン ベアTM」の名前は、一緒に暮らすようになる人間のブラウン夫妻と出会った場所、イギリスのパディントン駅から名付けられた。パディントンベアTMの児童文学は全世界で3,500万部以上が販売されていて、日本語版は、福音館書店より全10巻が刊行されている。
パディントンベアオフィシャルサイト:http://paddington-bear.jp/

 
 

くまモンについて

 

2011年3月の九州新幹線全線開業をきっかけに生まれた熊本県のご当地キャラクター。性別はオスじゃなくて、やんちゃな好奇心いっぱいの男の子。2011年に「ゆるキャラグランプリ」で優勝してからは熊本県だけでなく、日本全国で愛されるようになる。熊本県知事からは営業部長として抜擢され、最近は関西や関東にも出張し、熊本県の良さを熱烈にアピール中。
くまモンオフィシャルサイト:http://kumamon-official.jp/

 
 

BMWグループについて

 

BMWグループは、BMW、MINI、ロールス·ロイスというプレミアム·ブランドを擁する、自動車およびモーターサイクルのトップ·メーカーの一つであり、世界13ヵ国に28の製造工場を有し、140ヵ国以上に販売網を構築しているグローバルな企業である。
2012年における自動車総販売台数は185万台、モーターサイクルは11万7千台となっている。2012年の売上高は768.5億ユーロ、税引前利益は78.2億ユーロを計上した。また、2012年末時点における従業員数は105,876名である。
BMWグループは常に長期的な視野と責任ある行動を企業の指針とすることで成功をおさめており、その結果、すべてのバリュー·チェーンにおける環境的および社会的持続性、責任のある製品作り、さらには資源保護に対する明確なコミットメントを企業戦略の不可分な要素として確立している。このような努力が実を結び、BMWグループはダウ·ジョーンズ·サステイナビリティ·インデックスの自動車部門において、8年連続でトップに選定されている。

 
 

MINIについて

 

2002年3月2日に日本市場でMINIを発売して以来、自動車市場に「プレミアム·コンパクト」という新たなセグメントを確立し、ブランドとして大きな成長を遂げてきた。2002年当時、ハッチバック·モデルだけでビジネスを開始したMINIだが、その後、MINI Convertible、MINI Clubman、MINI Crossover、MINI Coupe、MINI Roadster、MINI Pacemanと、次々に新たなモデルを発表し、現在においては7モデルのラインアップを取り揃えている。顧客からの高いニーズに応えるだけではなく、ブランドのファン層を広げてきた。このように、僅か10年間で大きな成長を遂げたMINIの日本国内の累計販売台数は、これまでに14万台を超え、2012年には、過去最高となる16,212台の販売台数を記録している。

 
 

今回の企画について

 

今回の企画は、熊本県出身でくまモンのスローガン·デザインを考案した小山薫堂氏に『くまモンMINI』のデザイン、企画ストーリー等においてアドバイスを受けながら実現する事となった。