dam Image

Iさんご夫妻(67歳・64歳)

燃費、走り、コーナリング。どれをとってもいいクルマだと思います。

「年齢とともに、大きすぎるクルマは運転しづらくなってきまして。それで、孫に会いに行くのにちょうどよくて、妻の好みにも合うクルマはないかなと探していました。」都心のご自宅から、息子さんご家族の暮らす郊外へMINIクリーン・ディーゼルを走らせるIさんご夫妻。輸入車の購入を検討したのは、実は今回のMINI 5 Doorが初めてと言う。「ステータスとかじゃなくて、機能優先で選びたいなと思いまして。あまり大きすぎるのも嫌だし、燃費が悪いのも嫌だし。ちょうどいろいろな面で、自分たちに頃合いのいいクルマがMINIだったんです。」

「以前は国産のハイブリッド車に乗っていましたが、MINIのクリーン・ディーゼルも、燃費は遜色ないですよ。変わらないか、ちょっといいくらいかもしれません。燃料自体も安いですから。」「MINIのクリーン・ディーゼルを選んだ理由は、性能が昔とくらべて進化しているということ。第3世代の3気筒エンジンと伺いましたが、実際に運転してみて悪くなかった。燃費も、走りも、コーナリングも、どれをとってもいいクルマだと思います。」

 

初めてのクリーン・ディーゼルという選択も、ご納得いただけているご様子のIさん。特にパワーに関しては大満足のようだ。「以前のハイブリッド車とくらべても、パワーはかなり違います。高速とか、坂道とか。これまでの感覚で踏み込むと、驚かされるくらいです。踏み込んだ時のレスポンスはすごくいいと思います。ゴーカート・フィーリングっていうんですか?まさにそれなのかなって。運転していて面白いな、楽しいなって思いますよ。」毎日のドライビングを楽しまれているIさんご夫妻。これからもふたり、いつまでも、どこまでもその笑顔で走り続けてほしい。