MINI FASHION: FIELD NOTES FOR THE URBAN TRAVELLER.

MINI FASHION: FIELD NOTES FOR THE URBAN TRAVELLER.

MINIとデザイナーが紡ぎだす、それぞれの「旅」の記憶。

2018年からMINI とグローバルなコラボレーション・プロジェクトを展開してきたウールマーク。4回目となる今回のカプセル・コレクションでは、新進気鋭の4組のデザイナーと共に「旅」をテーマにした作品を発表した。

 

MINI FASHION はクルマの枠にとらわれることなく、都市で自由に働きノマド的ライフスタイルを送る人々に向けて、個性とスタイルをあらゆるシーンで象徴でき、且つ機能性を兼ね備えたファッションを提案するグローバルプロジェクト。

 

MINIは、ウールのグローバルオーソリティーであるウールマークに「品質に対する研ぎ澄まされた感覚と従来の常識を問い直す精神」という共通哲学を見出し、MINI FASHION としてコラボレーションを実現してきた。

 

4回目となる今回のカプセル・コレクションのテーマは「旅」。MINI にとっても重要なこのキーワードを、単なる物理的な境界を越える移動としてではなく、感情や文化、物の見方などの境界が揺れ動く個々の経験ととらえ、「アーバン・トラベラー」をテーマにしたコレクションが完成した。

MINI FASHION FIELD NOTES と名付けられたカプセル・コレクションのデザインを担当するのは、世界各国から選ばれた新進気鋭のデザイナー4組。そのいずれもが、ファッション界で熱い視線を注がれ、未来を期待される新人デザイナー達である。

 

今回のコレクションでは彼らの「旅」の特別な経験が、色、形、素材の組み合わせによって反映されている。

 

デザイナー個々が感情を突き動かされた旅へ想いを馳せ完成したコレクションは

全て上質なメリノウールを使用し、アーバン・トラベラーを刺激する唯一無二の作品となっている。

彼らが捉える「旅」は私たちの既成概念を超え、コレクションを通じて、思いもよらない追体験をさせてくれるのだ。

PH5(米国)

PH5(米国)

 

ニットを得意とする彼らが作り出したのは、興奮と穏やかな印象を同時にもたらしたというマイアミのアール・デコ歴史地区をテーマにしたモダンなニットウェア。

スタッフオンリー(中国)

スタッフオンリー(中国)

 

上海を拠点とする女性デュオデザイナーは、学生時代を過ごした英国のグリニッジ・パークをイメージし鮮やかなグリーンを象徴的に使用。

リアム・ホッジス(英国)

リアム・ホッジス(英国)

 

懐かしさと新しさを同時に感じさせるニューヨークのように、クラシックなアイテムにひねりを加えることで新しい感覚を生みだした。

リケ・フォイヤシュタイン(ドイツ):

リケ・フォイヤシュタイン(ドイツ)

 

前衛的なフォルムのフェルト帽は、ベルリンで帽子ブランドを率いるリケが、サンクト・ペテルブルグのエカテリーナ邸のカラーを大胆に使用。

MINI FASHION

2018年6月にイタリア・フィレンツェで開催されたピッティ・ウォモ94で発表されたこのコレクションは、同年12月に、MINI FASHION として初めて日本でも展示された。
展示を行ったのは、ソーシャライジングホテルとして、東京のクリエイター達が多く集まる場であるTRUNK(HOTEL)のポップアップスペース。

MINI FASHION

展示を記念し、11月末には、N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)の尾花大輔氏、ストリート・スタイル・フォトグラファーのシトウレイ氏、ファッションディレクターの小木poggy基史氏、エルコンテンツ部 コントリビューティング・ファッションデスクの小林あつこ氏の4名によるパネルディスカッションとオープニングレセプションパーティを行った。