燃費効率の比較

燃費効率の比較

MINI Cooper S E Crossover ALL4の1回の充電にかかる電気代は、夜間電力のお得なプランで100円弱。満充電で走行できる距離を42.4kmとすると、10回分1,000円で走行できる距離の合計は約424km。使用状況や条件によって異なりますが、同じ距離を走行するコストではモーターだけで走行した場合、PHEVはディーゼル・ガソリン車の1/2程度になります。 *1

 エコカー減税 / CEV補助金

エコカー減税 / CEV補助金

自動車取得税119,700円 →0円、重量税30,000円 →0円、翌年度の自動車税29,500円 →10,000円という3つの減税の対象です。さらに、クリーンエネルギーを使用した車の導入における優遇制度で、200,000円の補助があります。 *2

ChargeNow

「ChargeNow」は、MINIが提供する会員制の公共充電ステーション利用サービスです。全国ネットワークの提携充電ステーションが、カード一枚でいつでも自由に使えるようになります。対象モデルの新車購入で12ヶ月間無料で利用可能。スマートフォンアプリを利用して、簡単に近くの充電スタンドを検索することができます。 *3

*1 夜間の電気料金:12.25円/kWh(東京電力 おとくなナイト8(夜間)にて算出した場合。The MINI Cooper S E Crossover All4:EV走行換算距離(等価EVレンジ、国土交通省審査値)を42.4kmとし、夜間の電気料金:12.25円/kWh( 東京電力 おとくなナイト8(夜間)にて充電した際の、1,000円の走行距離を算出。MINI Cooper SD Crossover All4:MINI Cooper SD Crossover All4の燃料消費率20.8km/ℓとし、燃料単価を経済産業省資源エネルギー庁「石油製品小売市況調査」調べによる平成29年5月22日公表分の全国平均額より、軽油:111.2円とした際の、1,000円の走行距離を算出。両者を比較した場合。充電電力使用時走行距離、EV走行換算距離、電力量消費率は定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。本諸元のモード走行における表示は、「JC08モード」です。 

*2 自動車取得税は2019年9月30日まで、自動車重量税は2021年4月30日までに新車登録された車両が対象となります。オプション選択などにより減税率が異なる場合や対象外となる場合があります。自動車取得税は、都道府県により運用が異なります。平成31年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の受給には対象車両を4年間保有する袋があります。また登録後1ヶ月以内 (消印有効)に申請書を次世代自動車振興センターへ提出することが必要になります。 審査後に承認されると、センターから補助金が交付されます。クレジット契約等の購入の場合は、代金の支払いを証明する信憑(領収書)の写しと、車両の使用者を証明する保管場所標章番号通知書(車庫証明書)、 または任意自動車保険契約書が必要となります。平成31年度クリーンエネルギー補助金は、2019年1月1日以降に新規登録した車両が対象となります。補助金の予算超過によっては申請受理期間中であっても補助金額が 変動する場合がございます。お住まいの地域によっては、当該補助金に加え、さらに地方自治体独自の補助金が対象となる場合がございます。法人名でご購入される場合、「クリーンエネルギー自動車補助金」を申請されるより 「グリーン投資減税」を申請され法人税控除を受ける方がメリットが大きい場合がございます。なお、「クリーンエネルギー自動車補助金」と「グリーン投資減税」は同時に申請できませんのでご注意ください。 

*3 車両登録日から12ヶ月以内にChargeNowカードを有効化しないと12ヶ月無料利用の権利は消失しますのでご注意ください。