PRESS RELEASE

2016/04/15

MINI がモーターファンフェスタ IN 富士スピードウェイに参加。

  • 4月24日(日)富士スピードウェイで開催。
  • MINI 最新モデルをブースに展示。
  • MINI 最新モデルの試乗が可能。

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、4
月24日(日)に富士スピードウェイで開催される「モーターファンフェスタin富士スピードウェイ」に、MINI ブランドを出展する。

ブースには、3月2日発表の最新モデルMINI コンバーチブル、ならびに、新型MINI クラブマン、MINI ジョン・クーパー・ワークスを展示予定である。
新車試乗会場においても、新型MINI コンバーチブル、新型MINI クラブマン、MINI ジョン・クーパー・ワークスの試乗が可能である。

 

開催概要

メーカー希望小売価格(8%消費税込)

日程:
4月24日(日)
時間:
8時から18時まで
場所:
富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町中日向694)
主催:
モーターファンフェスタ運営委員会
入場料:  無料
駐車場代:
前売り1,600円(当日売り2,000円)
ウェブサイト:  http://www.mfy2016.com/

 

MINI コンバーチブルについて

新型 MINI コンバーチブルは、2016 年3月に誕生したシリーズ最新モデル。電動ソフト・トップを開けば、陽の光や風を感じられる心地良いオープン・エア・ドライビングが。電動ソフト・トップを閉じれば、見劣りしないエクステリア・デザインとともに、MINI らしいスポーティな走りが堪能できるモデルである。
詳しくは http://www.mini.jp/stay-open/

 

MINI クラブマンについて

MINI クラブマンは、1969年にスタイリッシュなデザインと高い機能性を融合したシューティング・ブレークのコンセプトにより、Mini Clubman Estate として初代モデルが誕生した。リアのスプリット・ドアを継承しつつ、2007年にはBMW グループとして初めてのMINI クラブマンが誕生した。2015年には第二世代に進化し、スタイリッシュなデザイン、より高い機能性、十分なスペースが与えられた、新しいプレミアム・コンパクト・セグメントのモデルとして誕生している。このコンセプトは高く評価され、NPO 法人日本自動車研究者ジャーナリスト会議主催の2016年次第25 回RJC カーオブザイヤーにおいて、RJC カーオブザイヤー・インポートを受賞した。

 

MINI ジョン・クーパー・ワークスについて

MINI 3 ドアのラインアップの一つであるMINI ジョン・クーパー・ワークスは、レーシング・スピリットを引き継いだ走りを特徴とするMINI のハイ・パフォーマンス・モデルである。「バルブトロニック」、「高精度ダイレクト・インジェクション」、MINI ツインパワー・ターボ・テクノロジー等の技術により、エンジンのパフォーマンスをMINI 至上最強に高めている。